土地の面積を調べて固定資産税を見直してみる

マイホームを購入して自分の家庭を持つことができたら生活は安定しますし、余裕も生まれてきます。ローンの支払が残っているという場合でも計画的に支払っていければ全く問題ありません。ただ土地と家を持つと必ず支払わないといけない税金が発生します。それが固定資産税です。

固定資産税は土地と家屋に課せられる税金で毎年1月1日に計算され納めます。事業主や経営者となると償却資産も固定資産税の対象となりますが、一般的な家庭では余り関係のないものでもあります。固定資産税の税率は1.4%と決まっています。固定資産税は税金ですので自分で計算をする必要はありません。地方公共団体から納税通知書が送られてきたら期限内に納税するようにします。

固定資産税は土地の面積によって納税額が変わってきます。この土地の面積を間違っているとその分だけよけいな税金を納めないといけなくなります。そのため固定資産税を少しでも減らすためには、まず土地の正しい面積について調べてみる必要があります。もしも土地面積の間違いが発覚した場合、納税していた余分な金額が5年分に限り戻ってくるという制度があります。面積の間違いが大きければ大きいほど戻ってくる金額も大きくなるので土地面積はしっかりと調べておきましょう。

Leave a Reply