足利市の不動産は、ランドハウスネットワークで

不動産屋さんとは、土地や建物を扱っていくのが仕事で、情報集めから始まっていきます。良い土地があれば、その土地の持ち主との交渉から始まり、有効的な活用法を立案していきます。また家を新築する場合は、建築屋さんと一緒に、より住みやすい家造りを考えていくのです。

また、中古物件を購入する場合には、売りたい人とその物件を購入したい人との橋渡し役となるのが不動産屋さんです。ですから、お客様により満足頂ける住まいや土地を提供していく役割を担っているのです。

さて、ここで足利市に不動産をお求めのかたにご紹介したいのが、「ランドハウスネットワーク」です。多くの不動産情報を、如何に分かり易く簡単に探すことができるか、を考え続けている不動産会社です。

また「ランドハウスネットワーク」では、一般の不動産物件以外に、住宅用地・店舗用地・事務所用地・事業用地・分譲素地や中古住宅・売りマンション・売り工場・売りアパート等の投機物件まで幅広く扱っています。ですから、不動産に関するご要望はすべて叶えられるのです。さらに、自社分譲地を販売していますので、こちらも検討されてみては如何でしょうか。

ご紹介する「ランドハウスネットワーク」へは、こちらです。
足利市の不動産情報は⇒http://landhausu.com/

土地の面積を調べて固定資産税を見直してみる

マイホームを購入して自分の家庭を持つことができたら生活は安定しますし、余裕も生まれてきます。ローンの支払が残っているという場合でも計画的に支払っていければ全く問題ありません。ただ土地と家を持つと必ず支払わないといけない税金が発生します。それが固定資産税です。

固定資産税は土地と家屋に課せられる税金で毎年1月1日に計算され納めます。事業主や経営者となると償却資産も固定資産税の対象となりますが、一般的な家庭では余り関係のないものでもあります。固定資産税の税率は1.4%と決まっています。固定資産税は税金ですので自分で計算をする必要はありません。地方公共団体から納税通知書が送られてきたら期限内に納税するようにします。

固定資産税は土地の面積によって納税額が変わってきます。この土地の面積を間違っているとその分だけよけいな税金を納めないといけなくなります。そのため固定資産税を少しでも減らすためには、まず土地の正しい面積について調べてみる必要があります。もしも土地面積の間違いが発覚した場合、納税していた余分な金額が5年分に限り戻ってくるという制度があります。面積の間違いが大きければ大きいほど戻ってくる金額も大きくなるので土地面積はしっかりと調べておきましょう。